電動歯ブラシの歯の磨き方・使い方

電動歯ブラシを購入しても、正しい磨き方をしなければ効果は少なくなってしまいます。

 

そこで、電動歯ブラシの磨き方について紹介したいと思います。

 

電動歯ブラシの持ち方

 

電動歯ブラシには、たくさんのメーカーが販売していますが、基本的な構造は同じなので、メーカーによってわざわざ変える必要はありません。

 

電動歯ブラシ

 

持ち方に関しては色々と言われるかもしれませんが、持ちやすい握り方でOKです。

 

手磨きのようにゴシゴシとする必要が全くないからです。

 

電動歯ブラシの歯磨きの使い方

 

手で磨く歯磨きと基本的には変わりません。

 

歯をゴシゴシと全体的に軽く磨いた後、1本1本キワにあたる様に、ゆっくりと磨いていきます。

 

歯と歯ぐきの境目(ポケット)に、汚れが残っているので、この場所をキレイにすることがとても大切です。

 

このとき、力を入れずに軽く当てる程度でOKです。

 

よく歯医者さんに行くと指導されると思いますが、歯の横だけをゴシゴシしても、目に見えるところの汚れは落ちていますが、ポケットの中がキレイになっていないので、ここから歯周病や虫歯・口臭などの原因に繋がります。

 

1本1本、歯の表側・裏側を時間をかけて掃除することで、ムラなくキレイにケアすることができます。

 

ただ、朝の時間は忙しいと思いますので、なかなか時間をかけて歯磨きするのは難しいかもしれません。

 

電動歯ブラシは、この時間を時短するのに最適で、手磨きするよりもずっとキレイに歯垢を落としてくれます。

 

今まで満遍なくブラッシングしてきたかもしれませんが、全体を横にゴシゴシするだけでは歯磨きとはいえませんので、本格的にオーラルケアしたい方は、時間はかかりますが、1本1本丁寧に掃除しましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉でも同じ磨き方でOKなので、特に困ることもないと思います。

 

電動歯ブラシの注意点

 

電動歯ブラシは高速でブラシが動くので、研磨剤が入っている歯磨き粉を使うと、歯を傷つけてしまう原因にもなります。

 

研磨剤・・・ですからね(^^;)

 

なので、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うか、何も使わないで歯を磨くのがベストです。

 

ホワイトニング歯磨き粉も、手に取りやすい価格の商品は、どうしてもコストを下げたりするために、研磨剤などが含まれています。

 

もし、歯を白くしたいのであれば、低価格の歯磨き粉は避けた方がいいと思います。

 

■家庭用ホワイトニング電動歯ブラシを紹介!
>>ホワイトニング機能のある電動歯ブラシはこちら